[PR] アクセス解析 大きな森と小さな家のメープルキャンディー | そめいよしの並木公園
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK


ブログでブームはブロモーション



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

懸賞・小遣い ちょびリッチ






<< そめいよしのランキング(07年7月) | main | TUGUMI(つぐみ) >>
大きな森と小さな家のメープルキャンディー
大きな森の小さな家 ~インガルス一家の物語(1)~ (福音館文庫)
大きな森の小さな家 ~インガルス一家の物語(1)~ (福音館文庫)
ローラ インガルス ワイルダー, ガース ウィリアムズ, 恩地 三保子

作者の実体験を元にした、開拓時代のアメリカを舞台にした家族の生活の物語です。

何故かこの作品、アメリカの小説にしてはすごく「おいしそう」な小説なんですよね。(他のアメリカ作品だと結構げんなりする食べ物が多いです。最近だとターシャ・テューダーさん位です。おいしそうな物語は)

その中でも特に「おいしそう」と思って記憶に残っているのは、雪の日に雪の上に汲み立てのメープルシロップをかけて固めたメープルキャンディーです。それ読んで、スーパーにメープルシロップ買ってきて瓶ごと冷凍室に入れて怒られたのもいい思い出です。



まあ今だとさすがに冷凍させようとは思いませんが、パンにかけたりカレーの隠し味に入れて楽しんでますね。小さい頃読んだ話は異様に食べ物の事ばかり覚えてたりするものです。
姫つつじ | 読書と食べ物 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3241.someiyosino.fool.jp/trackback/637983
トラックバック