[PR] アクセス解析 読書って押し付けるものなの? | そめいよしの並木公園
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK


ブログでブームはブロモーション



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

懸賞・小遣い ちょびリッチ






<< バカっぽさの中での妙な情熱 | main | 名作読んでみました♪ >>
読書って押し付けるものなの?
 私が本屋でバイトしていた時、もっとも納得がいかなかったのは、本の売り上げでした。
 キレイな小説や面白いマンガを差し置いて、本屋の売り上げの半分を占めていたのは、小学校受験、中学受験の参考書でした。子供が親からもらったお金を握り締めて買いに来る姿に、私は心底申し訳なさを噛み締めていました。
 そして、私がこれと同等で納得がいかなかったのは、読書の時間用に薄くてペラい本が出され、それを平気で親が子供に買い与えている姿でした。
 国語力を伸ばすにはまず読書と、どっかの偉い人が言った事を鵜呑みにしているのです。
 アンタ等、親なのに学習能力ないのか?
 私は情けなくて情けなくて仕方がありませんでした。

 そんな親の特徴としては、子供には塾通いを強要、ユニクロのデザインが変わらない服を平気で着せておいて(せめて柄を替えるとかとかしてあげればいいのに、全員同じ服なのです)自分はブランド物を着ている。自分は子供の将来の為にこんなにお金を使ってあげている。自分はなんていい親なんだ。そんな親ばかりです。(「PRESIDENT FAMILY」と言う名前の所謂お受験雑誌があるんですが、それに書いてる事丸呑みの親の多いこと多いこと)

 本当にいい親って、そんなものではないんじゃないでしょうか?
 もっと子供と一緒になって本を読んだり、遊んだり、料理作ったりして、子供に「世の中にはこんなに面白いこと、楽しいことがあるんだよ」と教えてあげる。そういう体験学習が実を結んで、そこから世間や社会に興味を持つようになる。そういうものじゃないのでしょうか?

 お受験社会なんて早く終わってしまえ。
 つうか、子供に勉強より何より教えなきゃいけないのは、しつけやマナーじゃないのか?
 この間久しぶりに自分のバイト先だった本屋に行きました。
 その日はタイミング悪く、子供がマクドナルドのシェイクをぶちまけ、モップで掃除している姿を見ました。
 本屋に飲食物持ち込まない。
 それがマナーってものでしょう?

※BloMotion・キャンペーン参加記事
姫つつじ | 本屋さんが見てる | comments(0) | - |
コメント
コメントする