[PR] アクセス解析 本屋さんが見てる(5) | そめいよしの並木公園
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK


ブログでブームはブロモーション



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

懸賞・小遣い ちょびリッチ






<< あーう源美姫楽しいなぁ・・・・・・・ | main | バレンタイン絵を描いてみよう >>
本屋さんが見てる(5)
 まずは業務連絡。
 一言感想用にブログにもWeb拍手を設置。
 リンクのとこにありますので、よろしければどうぞ。(つうかボタン設置しようとしたら、あまりにもうちのブログのテンプレだと浮く事が発覚したのでリンクで妥協しました・・・・・どこかでいいボタンあったら拾ってこよう・・・・)


 さて、昨日ももりもり働いていました。
 何故かレジが寿司詰め状態になり(つうか店員足りないっていっつも言ってる癖してレジに大量に店員押し込めるのはどうなんだろう? レジにレジ機の分だけ店員置いて、残りの数人外に出せばいいのに。うちの店長いい加減だもんなぁ・・・・・・)仕方なく一人でレジの外に出て本を片付けていた所、ある会話を聞いて考え込んでしまいました。


祖母「アンタ、マンガばっかり読んで。ちょっとは小説位読んだらどうや?」

孫「いいんだもん、私まだ小学5年生だし。それよりマンガ買って」

祖母「アカン。本屋来たのに本買わんでどうするんや」

孫「いいよ、私には小説なんてまだ早いし」


 ・・・・・・・・・うーん。

 正直、孫の言い分はもっともだと思いつつ、何だかなぁと思ってしまったのです。
 おそらく、この孫の周りには本好きの人間はいないんだろうなぁと。(おそらく具体的な書名を挙げられない所祖母も本は好きなのではないのでしょう)
 でも小説に、子供も大人も、男も女も関係ないのになぁと思ったのです。

 今の子って絶対本を読む環境悪いよなぁと思います。
 どっかのそこそこ偉い人が「本を読むと頭にいいよ」と言ったがばかりに、教育熱心な親共は自分は全く本を読まないくせに、本を強要するようになったから、余計本が嫌いな子供が増えるんだと思います。
 朝の読書の時間だって、本好きなら大好きな時間になるんだろうけど、本が嫌いな子供にとっては苦痛でしかないよなぁと。(実際本ではなく、体育を強要され、小中高大と、「運動なんて好きな人がすればいいんだ、体育なんてこの世から滅んでしまえ!!」と本気で思い、いかに体育をサボるかばかり長けましたからね、私は)

 何が言いたいのかと言うと、好きになるよう強要するのではなく、好きになるよう環境を作ってあげればいいのにと思うのです。

 例えば、ライトノベルに市民権を与えれればいいんだと思うんですよ。
 今は無きレーベル、ティーンズハートから私は小説読むようになりましたからね。
 イラストもたくさんあるし、文もマンガみたいに分かりやすいですし、そこから他のものを読むようになれば、不思議と読書も楽しくなると思うんです。作者さんが「コレ好き」とか書いてたら、読者さんも興味持って読むかもしれないですし。

 強要より、本に貴賎なんて存在せず。
 どんどんどんなものも読めばいいんですよ。



P.S ただし、現在もっともライトノベルで市民権を得ているBLはどうかと思います。確かにストーリーの素晴らしいものも存在するのは認めます。でもなぁ・・・・・・・本屋で仕事してると、自然とお客さんに説明できるよう本読むようになるんですけど(つうか、うちの店、私以外に本の内容説明できる人間いないんだもん、そりゃ読むさ・・・・・・・・・)、おじさん用の官能小説と内容ほとんど変わらないんです。本当に・・・・・・。エロスもほどほどにしないと、ライトノベル=BL=エロスが定着して、ライトノベルの市民権獲得が遠ざかるように思えるのです・・・・・・・・。エロスがまずいんじゃなく、PTAの権力が怖いんです。ライトノベルの市民権剥奪されそうで・・・・・・。


まあ、グダグダのまま、今日の本屋さんのオススメ


図書館内乱
図書館内乱
有川 浩

 超、面白かったです♪
 図書館内の対立でうーんと唸りつつ、実家の両親来襲に、小さな恋のメロディ。何気にあちこちで恋の花が咲き乱れつつ、査問会で大ピンチ。
 手塚君のお兄さん、できれば堂上さんと堂々と郁ちゃん取り合って欲しいものです、と勝手にウハウハしてました。

 今回も笠原と堂上のツンデレっぷりに悶絶しました。
 素直になってしまえ〜、吐いてしまえよ〜、本当にもう〜。
 この二人のペア(カップル未満なのであくまでペア)がツボに来過ぎたせいで本気で二次創作書こうか考えましたよ(でも小説の二次創作って怖いですよね、作者さんの文章と露骨に読み比べられるから。怖くって未だに小説での二次創作はしたことない)

 しかも新刊、2月発売決定だよ!!
 もう、買う!
 マジで買う!!

 ああ、ツンデレペアがカップルにまで進展しますように☆



 あとこの作品は新潮社から出てる「レインツリーの国」とタイアップしてるんですけど、私はそっちの方はあまりオススメしません。
 内容は後半からジワジワ来たんですけど、ヒロインには感情移入できても、主人公に全然感情移入できなかったのが辛かった。
 相手の事、文でしか知らない癖に好きとか言われても怖いだけだよ、思い込みってマジで怖いんだぞ、ヒロインがいい人だったから返事返してくれたけど、普通だったらメールアドレス変えられても文句言えないんだぞ〜、と本気で反発しました。
 
姫つつじ | 本屋さんが見てる | comments(5) | - |
コメント
>アニアズスキーさん

まあ本好きにはそう思えても、活字恐怖症もいるみたいですから。それになってる友人にインタビューしてみた所、「大して興味持ってないものを読まされるのが苦痛」なのだそうです。まあ興味あるものは読めるみたいなので、それで充分かなと思っています。

>文で興味をもって、いきなりその人の住む街に行って、「今来てるんだ、会いたいな」って方がよっぽど怖いと思いますが。

最近はネットストーカーとかの話も聞きますし、しつこい奴だとブログや他のカキコミ読んで住所特定してくる奴もいるので、用心しようと思って軽はずみで書いた文のチェックとかしているところです。ご忠告いただきありがとうございます。
* 姫つつじ * 2007/01/29 11:29 PM
うわ。なんか考えているうちに他の方のコメント付いてるし。

え〜上の私のコメントは、それまでのコメントを読まずに書いたものですのであしからず。
* アニアズスキー * 2007/01/29 11:06 PM
本を開くというのは、知らない世界の扉を開くことで、ドキドキワクワクの楽しいもんなんだけどねぇ。

>相手の事、文でしか知らない癖に好きとか言われても怖いだけだよ、

文で興味をもって、いきなりその人の住む街に行って、「今来てるんだ、会いたいな」って方がよっぽど怖いと思いますが。
そういう時は会って「こんなことしないで」と言っても逆効果なので、絶対会ってはいけません。当たり前だって?
いやぁ、なんかねぇ、断るにも礼儀がとか言って会う人結構いるんですよ。あと、断るのが面倒になって根負けしてつい行ってしまう人とか。
ろくな目にあってませんので、読んでいる方々はくれぐれもお気をつけください。
* アニアズスキー * 2007/01/29 11:01 PM
お久しぶりですv
かなりアレな小説ばかりでお恥ずかしい限りです。

本は昔から好きだったんですけど周りに本好きいなかったんで、一人で勝手に読んでましたね。中学3年なってようやく本好き仲間が増えた位で。
本好きは増えて欲しいとは思いますけど、親が先に本好きになって「これ面白いよオススメ」とか言えるようにならないと意味ないと思うんですけどねぇ。
* 姫つつじ * 2007/01/29 10:30 PM
お久しぶり?ですかね。3・4日の間隔でブログを見させてもらってます。

本館の小説の方もテイルズ関連+αを読ませてもらいました〜。


確かに小学生に小説を読ませても三日坊主とかにしかならなそうですよね…。自分はサスペンスとか好きなので、中学生から読み始めてましたけど…。
ライトノベルもそこそこ読んだりしてましたが、最近は買ってないです。
* しろ * 2007/01/29 10:04 PM
コメントする