[PR] アクセス解析 広島戦記(50) | そめいよしの並木公園
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK


ブログでブームはブロモーション



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

懸賞・小遣い ちょびリッチ






<< 広島戦記(49) | main | 広島戦記(51) >>
広島戦記(50)
ガンパレード・マーチ コンプリート ドラマDVD
ガンパレード・マーチ コンプリート ドラマDVD

 Amazonで注文してたのが明日辺り届くようです。
 とってもドキがムネムネ(違う)
 石田さんの演技がすごすぎて、石田彰さんファンはそれだけでも聴く価値アリです。
 速舞ラバーの方はよろしければお聴き下さいなぁ〜vvv


「そんな金ないわ!!」と言う方は↓


高機動幻想ガンパレード・マーチ オリジナルドラマ(5)少女幻想
高機動幻想ガンパレード・マーチ オリジナルドラマ(5)少女幻想
ドラマ, きただにひろし, 石田彰, 岡村明美, 山口勝平, 佐久間純子, 樫井笙人, 森川智之, こおろぎさとみ, 梅津秀行

 こちらだけでもお聴き下さい。
 切ない舞さんの恋心がこれでもかと凝縮されています。
 これ聴いて舞さんがより一層好きになりましたよ、私は。
 5月31日まで無理矢理終わらされた・・・・・・・・・・・

 さる5月某日に。
 入院して。
 終わりました。
 ・・・・・・・・・・・・・ナンデヤネン。

 共生派に襲撃され、火焔ちゃんとくーちゃん入院。
 それのせいで火焔ちゃん欠いたまま出撃。
 ・・・・・・・・・攻勢作戦。司令撃破。
 ・・・・・・・・・・・・ペンタどこよ?
 オウルベア切り切り進んでも、どこにもいない。
 ペンター、どこだー。
 探し回っても見つからず、そのまま倒される。あーれー。生憎那美ちゃんは倒され、重症のまま転がった所だった。
 で、そのまま無理矢理終わらされる。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 ナンデヤネン。

 ちなみにエンディングは美姫ちんでした。
 意味ねえなぁとか言わないように。
 そんな事分かってます。
 でも可愛いんだもん、しょうがないじゃん、美姫ちゃんものすっごく可愛かったんだもん。
 もう書いてないだけで毎日愛妻弁当でデレデレのバカップルでしたよ。
 しかも何故か異様なまでのプログラム成功率を誇り、「こんなのアホタレの源君ちゃうわ!!」とPLに叫ばせる、侮りがたし漢でしたよ。恐るべし、源健司。



 ヘリの中。
 横に座った。
「ねえ。一緒に実家に帰ってくれる話だけど」
 私は源の近くに寄ってニッコリと笑った。
「ん?」
 源は相変わらずガムをクチャクチャ言わせていた。
「どんな紹介されたい?私としては、妹が一人減ったんで、代わりを連れてきたって言いたいんだけど」
 源はゲッと言った顔をした。
「えー、何でだよ? だって俺は・・・・・・・・」
 そのままゴニョゴニョとして間違ってガムを飲み込んでしまったらしく、口をモゴモゴさせていた。
 私はニヘラっと笑った。
「妹は大家族主義だったから、私もいっぱい家族作るんだ。だから、あと数十年は私につきあいなさい」
 源は一瞬キョトンとした顔をしたが、すぐさま瞬間湯沸かし器のように、爆発した。
「―――――――!!!!!?????」
 何か言いたいらしいけど言えないみたい。
 私は彼を見て、ぴとっとくっついてやった。
 ふふふ、何人子供産もうかなぁ。
 そのままゆっくり目をつむった。

「源健司の戦い〜友情・努力・勝利の果ては〜」完(誤植であらず。こっちが本当のです)

 何気にラストのクリア人数えてみたら、源君だけで既にクリアしてる子含めて6人クリアしてると発覚。彼はもはや私の中で大量旗背負ってるイメージしか想像できませぬ。

 次回「続々 金城美姫の戦い〜英雄譚を背負う者〜」

ヒーロー:金城美姫
ヒロイン:滝川陽平
友人:先内剣
仲間:荒木雪子
仲間:竜造寺紫苑
級友:深澤正俊
級友:國分政昭
級友:斉藤奈津子
級友:芝村英吏

*タッキーの1枚絵検証(取れた暁には写メールでサイトに1枚絵載せます)
*美姫ちんゴールドソード獲得
*先内・雪子カップルのイベントコンプ。2人ともラブラブ同士なのに引き剥がすのが何とも言えないプレイです・・・・・・・・
*何故か「英雄を探す」シナリオ。絢爛舞踏取れってか? 取れってか?

 まあ、売られた喧嘩は買うので、しばらく広島に行けなくなるので最後の最後に一花咲かせてみせようか(幸い、美姫ちんは全くと言っていいほど訓練しなくていいキャラなのでガッツリキャラに構えます)
姫つつじ | ガンパレードオーケストラ緑プレイ日記 | comments(0) | - |
コメント
コメントする