[PR] アクセス解析 青森広島戦記(2) | そめいよしの並木公園
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK


ブログでブームはブロモーション



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

懸賞・小遣い ちょびリッチ






<< 青森広島戦記(1) | main | 青森広島戦記(3) >>
青森広島戦記(2)
プリンセスチュチュ 1(un)
プリンセスチュチュ 1(un)

 この作品、私の中でラストがどうしても納得できず、DVD何十回も見て一人で悶々していました。
 が、本当にひょんなことであのラストにすんなりと納得してしまいました。
 それが、「大絢爛舞踏祭」だったりします。
 タッキーが結婚して子孫残さないと、ショウ君は生まれない。頭じゃ分かっていても全然納得できなくってずっと悶々してました。が、タッキーが我々プレイヤーのミスで死んでしまい、二人とも消えてしまいました。
 発狂しました。

「もう誰とくっついてもいい!! 生きててくれなきゃヤダ!!」

 そしてこの作品を思い出しました。(ペンネームにもじって使う位好きなんですよ、本当)
 あひるちゃんはみゅうとを自分の命を投げ出してしまっても構わないほど好きだったんだもの。きっとみゅうととるうちゃんが結ばれる事より、みゅうとがまた心のない人形になってしまう方が辛かったんだと。だから、これでよかったんだと。

 結局「チュチュ」は私の書いてる小説にも大きく影響を与えてるんですよね。
 ちなみにこの話は全く戦争とか出てきません。ちょっと毒の強いおとぎ話です。
 絵とかムチャクチャきれいなので興味本位で構わないのでよければ近所のレンタル屋さんで借りてでも見てみてください。
 3月11日まで☆☆

「弱気なところ、見せてください」
 勇気を出してみた。
 彼には、妹分にしか見えない体が歯がゆかった。
 彼女の事は大好きだ。
 でも、恋には不利だ。
「自分の弱いところはな、好きな奴だけにみせろって、そう言っただろ?」
 彼は笑っていた。
 優しい目だった。
「へへ。 だからだーめ」
 私は泣き出しそうな顔で彼を見た。
 彼はぽんぽんと私の頭を叩いて言った。
「これくらいの好きじゃ、お前に俺の弱いところなんか見せられねえよ」
 そう言って手を振って立ち去っていった。
 私は唇を噛んで見送った。


 ・・・・・・・・・マジで君はあのタッキーですか?
 そこでそんなじらすなんて高度なテクニックを覚えたんだ君は!!
 瀬戸口か!! 瀬戸口だな!?
 キ・サ・マぁ、よくもみんなのタッキーを・・・・・・。
 よくやった。ムッチャよくやったぁ。もうドキドキしましたのよ?
 よし、お礼に「白」プレイ、頑張って壬生屋さん出しましょう。
 でもその前にののちゃんで瀬戸口をいじめちゃおうキャンペーン展開するけどな♪(そのまんまの内容ですのよ〜♪ 今度のプレイの主人公はののちゃんでーす♪)

 びっくりしながらもドキドキしたのでよし。
 頑張って訓練して、ようやく特製弁当が作れるようになりました。あと一息。あっ、そうだ。今度タッキーに家事技能の訓練指示しとこ。
 シバムリャにはサプリメントドロップをあげたら大喜びで弾めいっぱい用意してくれました。ありがとうシバムリャーvvvv(でも奴は紅ちゃんいる時にクリアした方がしまるんだよね、イベント全体が)
 美姫ちんはようやく蹴りイベントが見れたので仲良くなる為きわどい水着をプレゼントしようと企んでいます。スッピーには猫のエサあげたら喜んでくれました。よきことよきこと。
 あと輝春ちゃんは一緒にお兄を倒そうと誓ったせいか(オイ)、懐いてくれてかわいいです。嬉しかったのでカードゲームあげたら喜んでくれました。嬉しいなぁもう。
 戦闘は相変わらず多いですが、タッキー戦車に乗せ、咲良ちんは大物やビーム系の敵に精霊手お見舞いして視覚確保の為走り回ってます。源君とグリンガムはいいコンビだし、グリンガムには助けてもらってます。そうだ、源君にグリンガムにあげてもらうため生肉買っておこ♪ 美姫ちんも頑張って突撃兵してくれてます。萌ちんの医療技能は必須です。源君治してくれてありがとう♪

 あっ、散歩で念願の源美姫見れたぁ♪♪
 仲いいなあもうvv
 仲良し双子も見れておなかいっぱいです。

 明日はデート、タッキーとデート。
 遊園地でフィーバーしちゃうわよぉん♪♪
姫つつじ | ガンパレードオーケストラ緑プレイ日記 | comments(0) | - |
コメント
コメントする