[PR] アクセス解析 あいのお話 | そめいよしの並木公園
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK


ブログでブームはブロモーション



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

懸賞・小遣い ちょびリッチ






<< バレンタイン? 何それ食べれるの | main | 青森戦記いんたーみっしょん >>
あいのお話

「はい、チョコレート」  ミサが鞄から取り出したのはタッパウエア。保冷剤とラップでくるまれたそれの中にはまるまると可愛らしくココアやパウダーシュガーで薄化粧したトリュフさんが。
「わあ」
「これ、ミサちゃんが?」
 琴とすずみが感嘆の声を漏らすとミサははにかんだように笑ってうなずいた。
「食べていいの?」
「うん。・・・・・・・・・友チョコだし」
 ポイ、とすずみは口に放り込んだ。甘すぎず、ほろ苦い、柔らかな下触りだった。
「美味しい。凄いね手作りって」
「簡単だよ。材料も結構安く押さえてるし」
 水筒には温かい紅茶も。柑橘系の甘い香りが何か良かった。
 寒いくせに来た屋上でのおやつタイム。
 少々曇ってはいたが、いつもより暖かかった。
 男はいないけど友達とワイワイトリュフを食す。これはこれで、いいバレンタインの思い出ではないだろうか。


 はい、小話なんか書いてみましたが。
 2月14日。日本人の血糖値が異常に上がる日だと思っていますが、何か?
 さて、今日は前から日記で書いてたようにチョコレート三昧でした。
 お昼にバイト先の奥さんから手作りのトリュフ休憩時間に頂いて。夜は晩御飯食べた後に私が前に買って来たチョコレートをハムハムと。昔のお菓子業界の人、バレンタインにチョコをありがとう。

 さて、タイトルの「あいのお話」。何となくいいな、と思ったのでお話したかったバイト先の奥さんA田さんのお話です。(彼女ですよ、チョコくれたのは)
 A田さんは30代半ばの私と同時期に入った方です。初対面の時、「あ、高校時代に同じクラスだったTさんに似てる」と言うのが第一印象でした。
 ちょっと控えめで、でも「ありがとうございます」と何かあったらお礼ができる方で、そこら辺を見習おうとしております。
 以前行った新年会で、バイト先のおばちゃん達が「今の旦那と生まれ変わっても夫婦でいたいか」と言う話で盛り上がってたんです。もちろん私は結婚どころか彼氏もいないのでノーコメントでおばちゃん達の話を聞いていましたが。ほぼ全員が「えー、また夫婦になるんは嫌やよ〜」と言ってる中1人だけ「私は今の人とまた夫婦になりたいなぁ」と言ったのがA田さんでした。
 旦那さんに私は1度だけお会いした事があります。ある日、たまたまブックオフに行く途中でA田さんとお会いしたんです。ご主人、「顔が怖いんですよ」と言ってたけど、優しい印象で、「あ、何か幸せそうだなぁ」と思ったのを覚えています。
 そんな話を聞いて、「結婚も悪くないなぁ」と思ったのも覚えています。モチ、それ以前に相手探さにゃなりませんが。
 ご主人は時々体を壊すらしくA田さんも看病の為に休まれたりしますが、どうか今日は2人仲良く過ごしてくれてるといいなぁ祈っているのです。
芳野秋生 | 日常日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3241.someiyosino.fool.jp/trackback/130711
トラックバック