[PR] アクセス解析 そして一つの季節が終わる | そめいよしの並木公園
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK


ブログでブームはブロモーション



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

懸賞・小遣い ちょびリッチ






<< そめいよしのランキング(09年4月) | main | 最近のハマリモノ >>
そして一つの季節が終わる
The MANZAI〈5〉 (ピュアフル文庫)
The MANZAI〈5〉 (ピュアフル文庫)
あさの あつこ

映画化決定して大分立つのに、「撮影順調」以外の情報が何一つ出ませんなあ。
私のアンテナが古いだけなのかしらん?
ビビビ。ビビビ。ビビビビ……。
……うん。分からん(オイ)。
ただ、アニメとかと違って、実写の方は役者(中学生)が成長したら駄目だよなあと思います。高校生は何とか誤魔化せても、中学生は誤魔化しが利かないヨ。どうするんだろうなあ。

まあ、私の愚痴はどうでもよろしく物語もいよいよ終盤? 5巻感想行ってみましょう。

1巻感想コチラ
2巻感想コチラ
3巻感想コチラ
4巻感想コチラ

それでは5巻感想はこの先から〜。


年末年始、ロミジュリメンバーで初詣。ただし、いつも一緒のメグと蓮田君はいません。メグはお節作り中。そして蓮田君は、実家の工場が倒産してしまったので、その事でもめているのです。彼らは中学三年生。そろそろ高校受験を控えた大事な時間。サッカー強い学校目指していたのに、急に進路を変更せざるを得なくなったのです。

そんな複雑な事情をはらみつつ、一同は初詣に。途中、ハプニングにも遭遇しますが、それでも皆、何となく仲がいい感じに終わります。

読んでいて思ったのは、あともう少しでこの話も終わりなんだろうなあと言う事でした。
確かに、漫才甲子園目指して漫才しながら頑張る歩君と秋本君を見るのも面白いかもしれない。でも、高校になったら、中学生の時みたいなあやふや、パステルトーンな色とは違っちゃうから、この話を包む空気はもう出せないだろうなあと思います。

中学生の色は独特です。
大人でもなく、だからと言ってもう子供でもない。
まだ何一つ決められない。バイトもできないし、一人で暮らす事も、何もできない。ただ、その中でも「それでもいい」と思える瞬間があるとすれば、それは友達と一緒に笑い合っている時だろうなあと思います。仲がいい友達がいて、少し好きな子がいて、そして皆で集まれば馬鹿な話ばかり。

彼らの初詣風景は、何とも言えず暖かいし、しゃべっている馬鹿話に思わず笑ってしまったけれど、同時に「もうすぐ終わるんだなあ」と言う切ない気分になりました。

次回、どうなるのかなあ。
楽しみにしております。
姫つつじ | プレビュー | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3241.someiyosino.fool.jp/trackback/1223939
トラックバック