[PR] アクセス解析 ドラマと原作は別物としてお考え下さい | そめいよしの並木公園
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK


ブログでブームはブロモーション



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

懸賞・小遣い ちょびリッチ






<< 一体何があったんだろう…… | main | 本当にありがとう!! >>
ドラマと原作は別物としてお考え下さい
チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫 599)
チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫 599)
海堂 尊


チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) (宝島社文庫 (600))
チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) (宝島社文庫 (600))
海堂 尊

今ドラマしてますね。本屋でバイトしていた時から気にしていた本が文庫で読めるのは何と言うか感慨深いです。
さて、感想ですが。

*ドラマの配役に対する愚痴が書いてあります。ドラマを見ている人は不愉快になるかもしれませんのでドラマのファンの方は読まない方がいいです。

*ドラマと原作だと犯人が違うそうですが、話に核心に触れる記述があります。ネタバレ嫌いな人は読まない方がいいです。


と一応予防線を張って、感想行ってみましょう。
オー。
主人公の田口先生は精神科の医師で、大学病院の権力闘争には興味を示さず、のほほんとさぼる事が好きな人です。しかしカウンセラーとしてはかなりの腕を示し、陰口で「愚痴外来」と呼ばれる、病院で入院して心に少しもやのかかった人達の話を聞いてあげる外来で働いています。
そんな、栄光とか名誉とか全く気にしない田口先生の下に、奇妙な依頼が来ました。
チーム・バチスタ。心臓移植をせず、心臓を小さく作り直す事で治療をすると言う奇跡の技術をこなす、この病院の花形チーム。このチームの手術が立て続けに3回失敗した事から、このチームの内容の調査を任されてしまったのです。相手はこの病院の花形チームだから、うかつにリスクマネージメントに報告してしまったら事件事態を揉み消されてしまう可能性があり、そんな事でリスクマネージメントとは縁遠い田口先生に任されてしまったという。当然田口先生は「何で俺が!?」と言いながらも調査を開始する事となります。

チーム・バチスタのメンバーから事情聴取をしたり、バチスタ手術に立ち会ったりして、どうにか情報収集をこなす田口先生。しかしそんな先生が見守っている中で患者さんが死亡してしまいます。この事件は本当にただの事故なのか、殺人なのか。病院中に震撼が走った中、一人の男の人が病院に送り込まれてきました。

白鳥と名乗るこの人物、かなりの変人です。医学部卒業だけど血を見るのが嫌いなため厚生省に入り、ロジックモンスターと呼ばれる程に論理的だが支離滅裂と言う訳の分からない論述を使い人を震撼させ、火食い鳥と呼ばれる程に彼が調査に立ち会った場所には草1本残らないと言う伝説を作る人物。田口先生は何故かこの人とチームを組まされて、事件の真相を暴いて行く事となったのでした。

読んでいて思ったのは、田口先生がとにかくよくできた人物だなと言う事です。カウンセリングと言うものはまだ国家資格的なものはなく、人の話をきちんと聞く事は簡単なようでかなり難しい。変人な白鳥さんですら彼のカウンセリングは認めているのですから本物なのでしょう。先生自身は自分を卑下している部分はありますが、そんな事は全くないのになあと思いました。

一方白鳥のカウンセリングと言う物はかなり強引な手口です。田口先生が黙ってメンバーの話を聞くのに対して、白鳥はわざと相手を怒らせる事で本音を探り当てると言う手段を使います。この白鳥の変人っぷりは一読の価値ありです。

医療についてはよくは分かりませんが、出てきたチーム・バチスタのリーダー桐生先生は本当にいい人だと思ったし、この人にならきっと命を任せられるだろうなあと言う信頼における人物だと思いました。桐生先生と桐生先生の義弟、鳴海先生の家庭の事情は読んでいて切なくなり、他の道はなかったのかなあと思いました。
また、医療現場における監視のシステムについても一石を投じていると思いました。医療事故ってこんなに簡単に隠せちゃうものなんですね、原作者の人がお医者さんなだけあり説得力がありました……。

さて、ドラマに対する愚痴ですが。
伊藤君だと田口先生は若すぎるなあと思いました。カウンセリングってかなり技量が必要なので、伊藤君だったらまだ人が感嘆するようなカウンセラーにはなれていないと思うのです(頑張る姿は美しいとは思うのですが……)。
白鳥さんはとにかく変な人(しかしこの人の変は筋が通っているのがミソ。重要)。仲村トオルだと格好良すぎると思いました(映画の方の阿部さんだと格好良すぎると思います……竹中直人が一番の適役だよねと母と語り合っていました)。
そして……。
原作読んだ感じ桐生先生と鳴海先生が美形じゃなくて普通の人だった!! 原作だとこの二人は完璧過ぎると言う描写があり、双子のようだと言う表現まであるのに!!(いや、伊原剛志さんも宮川大輔さんも嫌いじゃありませんよ? ただ脇をイケメンで固めている癖に原作ちゃんと読んでるのかと言う、キャスト決めた人に対して怒っているだけです)

多分ドラマはどうしても原作と比べてしまうけれど、伊藤君が頑張っている姿見たさにまた見てしまうんだろうなあと思います。うーん……。

ちなみに、白鳥さんのトリッキーな性格が気に入った方は奥田英朗先生の「空中ブランコ」「イン・ザ・プール」もお読み下さい。トリッキーな伊良部先生にクラクラする事請け合いです。

姫つつじ | プレビュー | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3241.someiyosino.fool.jp/trackback/1073620
トラックバック